ヘッダー画像

59歳でバイクの免許取りました

私は35年以上前に原付バイクを乗った経験しかありませんが、どうしても大型バイクに乗りたい気持ちがなくならなくて59歳にして大型二輪免許を取得しました。

40代の頃もバイクに乗ってみたいという願望はありましたが、いまさらバイクの年齢ではないだろうと勝手に諦めていました。でも気持ちのどこかに消えないバイク願望があり、ときどき無免許でバイクに乗っている夢を何度か見ました。

定年退職1年前の59歳になって、どうしても夢をかなえたくて恥ずかしながら教習所へ通いました。

そして今は、夢だった大型バイクに乗っています。

ツーリングに連れて行ってくれる大先輩達も見つけました。自由に好きなだけバイクに乗ってます。ものすごく楽しいです。大型二輪免許に挑戦してよかったと思います。

十代の頃のナナハンへのあこがれ

私は昭和34年(1959年)生まれです。高校生になった16歳の頃、ホンダCB750やカワサキZ750などのいわゆるナナハンが走り始めたのです。当時の映画やドラマでもナナハンを見る機会が多くなりました。

当時、16歳になるとバイクの免許を取得する高校生も多く、小型のバイクで通学することを認めていた高校もありました。私の家は裕福ではなかったので自転車しか買ってもらえませんでしたが、裕福な同級生のなかには新車のバイクを買ってもらっている者もいました。

同級生のなかにはホンダCB750がある家もありました。同級生のバイクではなく同級生の兄のバイクです。余談ですが、当時は長男が別格だった時代です。次男や三男は小型バイクか原付でも長男はナナハンを買ってもらえた時代です。

もちろん同級生の兄貴は弟の同級生にナナハンを触らせてもくれませんでした。そんなこともあって私にとってナナハンはあこがれのバイクでした。

昭和50年(1975年)私が高校1年生のとき、暴走族対策でバイクの免許制度が変わります。400ccまでのバイクしか乗れない中型限定自動二輪免許ができ、大型バイクつまりナナハンは公安委員会の試験場で合格しないと乗れなくなったのです。

それまでは自動車教習所でホンダの350ccのバイクに乗って教習コースを1周できれば自動二輪免許は簡単に取得できたのですが、大型バイクは暗黒の時代が来たのです。

今考えると、私は16歳になってすぐに自動車教習所に通えば改正前の自動二輪免許が取得できたのですが、私の親はバイク免許のためにお金を出すことなどなかったので免許制度の改正は単なるニュースでしかありませんでした。

私のバイク歴

私の父親は大昔にバイクに乗っており家の物置には古い「ヤマハメイト」がありました。ヤマハメイトとはホンダのスーパーカブとライバルのバイクです。圧倒的にホンダスーパーカブが売れていますが、当時はヤマハメイトもそこそこ走っていたものです。私は冬休みに自分の小遣いで原付免許を取得して親のヤマハメイトに乗っていました。自転車からバイクに乗り換えたことで高校生の行動範囲は格段に広がりましたが、やはりナナハンにはあこがれていました。

当時はヘルメットの義務付けはなく、ヤマハメイトは燃費も良かったので、高校生の小遣いでも維持できました。ヤマハメイトは大学生まで私の愛車でしたが、最後は盗難にあってなくなったと記憶しています。

ヤマハメイトが私の最初で最後の愛車でした。私はヘルメットを買ったこともありませんし、クラッチレバーを握ったこともありません。

大型バイクに年齢は関係ありません

定年まで1年となった頃、仕事の心配よりもバイクに乗りたいという気持ちのほうが強くなったのです。理由はよくわかりませんが、年齢的に最後のチャンスと思いこんだのです。何も知らない私には大型二輪免許はとてつもなく難しいものと思っていたのですが、1年かけてでも免許を取得しようと思ったのです。

これまで使ったことのない半日単位の有給休暇を申請して、週2日は教習所へ通おうと本気で思ってしまったのです。

実際には私が考えているほど大型自動二輪免許は難しいものではありませんでした。小型限定の免許を取得してからですが、およそ1カ月で大型二輪の免許証を手にすることができました。

リターンライダーという言葉があります。私の仕事の取引先にも多くのリターンライダー予備軍がいます。でもこれまでバイクにあこがれていたが免許を取得する機会がなく、バイク願望を持っていた人もいると思います。そんな人は、このサイトを全部読んでください。多少時間はかかるかもしれませんが、年齢に関係なく必ず二輪免許は取れます。

後悔しないためにも挑戦してみましょう。